スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 近畿大会

11月17日~18日に和歌山県和歌山市「和歌山ビッグ愛」で行われた近畿大会に行ってきた。

今回は、2週間前に行われた高校新人戦で優勝して燃え尽きたこと、そして恋にのめり込んでしまったせいで、部活はともかく家では全くと言って良いほど将棋の勉強をしなかったし、気合いも入っていなかった。
気持ち的には予選2連敗でも好きな人と話せたらそれでいいかな、というぐらいやる気がなかった。

では結果に移る。(15分30秒)

予選1回戦
滋賀の3年の人と。
後手になり中飛車VS三間飛車の相振り飛車に。
ぼーっとしながら指してたらいきなり仕掛けられて焦るも、玉型の差でまだ難しかったようで、途中銀桂損になったが相手の玉の位置が悪すぎて優位に立ち、そのまま押し切って勝ち。

予選2回戦
大阪の1年の人と。
先手になり相矢倉のやや古い形に。
相手が壁形で猛攻を仕掛けてきたのが若干無理で、正確に凌いで最後はすばやく反撃を決めて勝ち。

これで予選突破して抽選の結果得番を引きベスト8に残り2日目進出。

決勝トーナメント1回戦
三重の3年の人と。
先手になり居飛車穴熊VSノーマル四間飛車の対抗形に。
相手の駒組みが甘く普通に4枚穴熊に組めて作戦勝ちになり、後は若干無理気味の猛攻を仕掛け、相手の受け間違いもあり優勢に。以下は順当に押し切って完勝。

準決勝
兵庫の1年の人と。
後手になり、角換わりが得意と聞いていたので矢倉にしようとしたらそれでも無理やり角交換に持ち込まれる。
それで仕方なく経験のなかった銀冠にしたら相手はバランスの良い陣形で対抗。
細い攻めをつなぐ展開になったが、相手の受けが非常にうまく、以下完全に切らされて完敗。

というわけで結果3位になることができた。
予選突破できたのも7回目の挑戦にして初めて(全国3回、西日本2回、近畿1回の全てで予選落ち)となり、クジ運が良かったのもあるけれど、結果だけ見ると満足。

しかし冒頭で述べたように今回の大会は全く練習せずに、気合いも入れずに臨んだため、あまり嬉しくないというのが率直な感想だ。
なぜ勝ちたい大会で負け、勝つ気のない大会で勝てるのだろうか。
まあ今までの地道な努力が実を結んだと思うのが一番正しいのだと思う。


好きな人とは結局、夕食は食べられなかったが、それなりに喋ることはできた。
しかし、いろいろと中途半端になってしまったのと、言いたいことの3割くらいしか話せなかったのはとても残念だ。
でも得られたことは非常に大きかったし、自分を大きく成長させてくれたと思う。
これからは将棋の勉強はもちろん、自分磨きも頑張りたい。
スポンサーサイト
プロフィール

しろたん

Author:しろたん
出身地:福井県
趣味:将棋
好きな言葉:「リスクなくして成長なし」
尊敬する人↓
羽生善治 郷田真隆 祖父                     
好きなアーティスト: YUI,BUMP
***********
しろたんの将棋情報
将棋暦6年
棋力: 五~六段(24)           
棋風: 居飛車党  
今の目標: 将棋倶楽部24でR2700


中学入学と同時に始めたこのブログですが、今はそれから早6年半が過ぎました。今は大学生になり、将棋は趣味として続けています。また気が向いたら更新する日がくるかもしれません。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2012/11 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。