スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 高校将棋選手権振り返り

5月19日(日)高校最後の高校将棋選手権に出場してきた。
今回は初めて団体で出場し、もちろん優勝するつもりで行ってきた。

今回団体で出場したのは、最後の大会だから、京都高校棋界初の高校四冠が懸かってるから、今まで努力してきた仲間のため、など色々理由はあるが、やはり一番はここまで自分を支えてきてくれたH先生のため、M高校のためであった。
何人か強力な新入部員が入る可能性があったのだが、すべてダメになり、でもやっぱり最後は団体で勝ちたいという気持ちは強かった。
そのため、3月の学年末考査後すぐ、ちょうど大会の2か月前くらいに部員に意志を確認して団体で出ることを決断した。

それからは努力の日々が始まった。
春休みや休日など以前はやらなかった日にも部活をやり、色々な大会に出たり、道場に行ったり、練習試合をしたり、と本当によく頑張ったなと思う。

部活では24で指した棋譜の検討を主にやり、あとは自分の型を作り上げるといったことをしてきた。
他にもいろいろな取組をして、2か月間は本当に部活にほとんどをささげてきたつもりだ。
これだけ努力したんだから絶対に優勝できる、大会前はそう確信していた。

大会当日も、会場に行く前に公園に集まって大会の心構えなどを話して、万全の状態で対局に臨んだ。

では結果に移る。(予選スイス式4局指し、17チーム参加)

予選1R 洛南D
   3-0で完勝
予選2R 洛星B
   3-0で完勝
予選3R 嵯峨野
   予想よりも強く、2-1で辛勝
予選4R 洛星D
    自分が終盤頓死で大逆転負けして1-2で負け
3勝1敗で2位となり、ベスト4進出
準決勝  北嵯峨
   3-0で完勝
決勝   洛星D
自分は勝ったが、ほかの2人が完敗で1-2で負け

というわけで準優勝だった。

正直、全くといっていいほど嬉しくないし、本当に悔しい。
でも、やるだけやって負けたんだから仕方ないなという気もする。
自分としてはやれることの95%はやったつもりだ。
強いていうなら、予選で確実に洛星を倒しておくべきたったかなということだ。
ただ予選だったし手を抜いていたし、決勝では圧勝したので、これも自分ではあまり気にしていない。
でもほかの部員の気持ちや相手の気持ちを考えるとやはり予選で勝っておけばよかったなと思う。

今回の大会には結果しか、優勝しか求めていなかったので、自分としては準優勝だろうが予選落ちだろうが同じ負けなんだから同じだと思っている。


今回は公式戦で初めての団体戦で、初めて自分ではなく恩師や仲間、高校の威厳をかけて戦った大会だった。
それだけに、勝ちたいという思いは個人と比較してもものすごく強かった。
そして、2か月間はおそらく他校の10倍は練習していた自信がある。

でも負けた。努力不足が敗因ではないことは確かだと思う。
ではなぜか。それは、やはり将棋は勝負事である以上、努力がすべてではなく、経験やその時の調子など様々な要素があるからだと思う。こればかりは仕方ない。
ただ自分は中途半端に努力して負けるのが大嫌いなので、その点では今回の大会は努力だけはちゃんとしたのでそこまで悔いはない。
何度も言うが、やるだけのことはやったのだ。
それで負けたのなら仕方ないし、気持ちの整理もつく。


結果だけは残念だったけど、高校生活の中で、一生の思い出になる、そんな日々だった。






スポンサーサイト
プロフィール

しろたん

Author:しろたん
出身地:福井県
趣味:将棋
好きな言葉:「リスクなくして成長なし」
尊敬する人↓
羽生善治 郷田真隆 祖父                     
好きなアーティスト: YUI,BUMP
***********
しろたんの将棋情報
将棋暦6年
棋力: 五~六段(24)           
棋風: 居飛車党  
今の目標: 将棋倶楽部24でR2700


中学入学と同時に始めたこのブログですが、今はそれから早6年半が過ぎました。今は大学生になり、将棋は趣味として続けています。また気が向いたら更新する日がくるかもしれません。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。