FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第40回記念支部将棋名人戦西地区大会

4月22日~23日の2日間にわたり、支部名人戦西日本大会に行ってきました。
府の代表になるのは今回が初めてで、関西以外の将棋大会に出場するのも初めてということで、非常に楽しみにしていました。
ついたらまず指導対局が行われ、僕は菅井四段と角落ちで指してもらいました。
結果は矢倉にしてから一方的に攻めまくっての快勝でした。

その後前夜祭、そしてホテルで練習将棋を指してから、同じく府代表の西川恭平さんと同じ部屋で寝ました。
さて、ついに当日、とにかく自分の将棋を指そうと思いました。
それでは早速1局目から振り返ってみます。

予選第1局目
3年ほど前の全国準アマ名人というアマ超強豪、そして弟がプロ棋士の稲葉聡六段と。
先手になり、対横歩取り8五飛5二玉型になりました。
終盤までは互角の戦いが続きましたが、そこで力の差が出て悪手を連発してしまい、最後は大差で負けてしまいました。終盤力の違いを認識した一局でした。
相手が相手なので、戦う前から緊張してしまっていたのも終盤乱れてしまった原因のひとつかと思います。

予選第2局目
広島県の元西日本シニア支部名人村上幸三さんと。
先手になり、相手が横歩取りを拒否して矢倉になりました。
こちらは金銀四枚で囲い攻めていく展開になり、途中攻め方を間違えて悪くしましたが、直後に相手に悪手が出て、形勢は混沌。
自分らしく思い切って攻めていって細い攻めを繋ぐ展開になったのですが、攻め駒が足りなかったので、守り駒から3枚を攻めに投入、なんとか攻めきることに成功して勝ち。

予選第3局目
6年ほど前の全国アマ名人戦3位、他に全国優勝もしたことがあり、山陰最強と呼ばれる藤田真司さんと。
後手になり、力戦相居飛車になりました。
序盤軽率な駒組みでそれをうまく咎められやや悪くしましたが、そこから盛り返し逆に良くなりました。
しかし中盤に大錯覚から悪手を指してしまい、再び逆転、以下も難しい戦いが続き、最後の最後まで結果の分からない大熱戦でしたが、相手の方にとても冷静に指され、負けてしまいました。
中盤の悪手のところでは決め手があったのですが、あまり深く読まずに指してしまいました。
つくづく自分の読みの浅さ、そして甘さを痛感した一局でした。


というわけで
1-2で予選落ちでした。
ただ、一勝できたらラッキーくらいに思っていたし、自分の実力は出し切れたので悔いはありません。
今回は色々と、本当に良い経験になりました。
強い人や有名な人がたくさんいて凄く刺激を受けたし、何より自分の弱さ、弱点を身をもって知ることが出来ました。
また全国にいけるチャンスを作れるように、これから頑張りたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しろたん

Author:しろたん
出身地:福井県
趣味:将棋
好きな言葉:「リスクなくして成長なし」
尊敬する人↓
羽生善治 郷田真隆 祖父                     
好きなアーティスト: YUI,BUMP
***********
しろたんの将棋情報
将棋暦6年
棋力: 五~六段(24)           
棋風: 居飛車党  
今の目標: 将棋倶楽部24でR2700


中学入学と同時に始めたこのブログですが、今はそれから早6年半が過ぎました。今は大学生になり、将棋は趣味として続けています。また気が向いたら更新する日がくるかもしれません。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。