FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012高校新人戦

今日は去年悔しい思いをした高校新人戦に行ってきた。

今年度はここまで高校選手権、高校竜王戦のどちらも悔しい負けをして全国大会行きを逃しているので、今回は何としてでも勝ちたいと思っていた。

それでは結果に移る。(スイス式トーナメント、6回戦)

一回戦 洛星の2年の人と。
先手になり超速VSゴキゲン中飛車に。
金銀を盛り上げて中央から玉頭方面を押しつぶす展開になり圧勝。

2回戦 京教の2年の人と。
先手になり角換わり相腰掛銀に。
定跡形から相手が仕掛けてきて、うまく反撃を決めて勝ち。

3回戦 龍谷大平安の2年の人と。
後手になり横歩取り8五飛に。
角交換型の力戦になり、途中かなり作戦負けだったが、相手が勝負手を受け間違えて勝ち。

4回戦 洛南?の人と
後手になり対石田流に。
銀冠に対して玉頭位取りで対抗し、中盤相手に軽率な大悪手が出て圧勝。

5回戦 向陽の高木君と
先手になり対ゴキゲン中飛車に。
研究してきた丸山ワクチンで対抗し、中盤は想定内の進行だったが、そこで全く読みが入っていない軽率な手を指してしまい角桂損の必敗形に。
しかし最終盤相手が油断からノータイムで悪手を指し、以降はうまく攻めて大逆転勝ち。


6回戦 洛北の高校竜王戦で負けた人と。
後手になり対石田流三間飛車に。
いつもどおりの指し方で作戦勝ちになるもそこから読みが入っていない軽率な手を指してしまい苦しくなる。
以下も難しい戦いが続いたが終盤相手が攻め間違い、最後は駒が余らない綺麗な詰みで逆転勝ち。

とゆうわけで全勝優勝しました。



今回の大会は、今までの将棋人生で一番気合いを入れて臨んだだけに、ものすごく嬉しい。
オーストラリアでも詰将棋を解き(180問)、授業中にも詰将棋を解き(250問)、大会一週間前からは将棋以外のことは極力せずに優勝することだけを考えて必死に自分を追い込んで頑張ってきた甲斐がありました。

特に、高校選手権で負けた高木君、高校竜王戦で負けた田中君にリベンジできたのが最高に嬉しい。
高木君には中学の時も含め2回公式戦で手痛い負けを喫していたので、今回3度目の正直が果たせて本当に良かった。

5月の高校選手権の信じられない負けから6月の高校竜王戦での敗退、そして7月の失恋。
正直、今年度は最初からつらいことが続き、精神的に非常にきつかった。
特に8月はその積み重ねで相当なダメージを受け、真剣に将棋をやめようかと思っていた。

そんな極限まで追い込まれていた自分を救ってくれたのは、勇気を振り絞って誘って出場した9月30日の団体戦だったと思う。
あの日、同世代のライバルたちがとても頑張っているのを実際に肌で感じ、将棋熱が一気に再燃した。
それからは将棋漬けの毎日に戻り、7,8,9月には2200しかなかった24レートが大会直前にはR2480まで回復することができた。
努力の成果が目に見えるというのは本当に嬉しいことだと思う。


正直今でもまだ実感がわかない部分はあるが、これからいろんな人に祝福されて実感していくんだと思う。
今回優勝してものすごく重い肩の荷が下りた気分だ。本当にほっとした。
しかし決して現状に満足することなく、次の近畿大会、全国大会という新たなステージに進みたい。



北村さんが女流棋士になった。正直ものすごく残念だけど、仕方ない。
本当におめでとう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しろたん

Author:しろたん
出身地:福井県
趣味:将棋
好きな言葉:「リスクなくして成長なし」
尊敬する人↓
羽生善治 郷田真隆 祖父                     
好きなアーティスト: YUI,BUMP
***********
しろたんの将棋情報
将棋暦6年
棋力: 五~六段(24)           
棋風: 居飛車党  
今の目標: 将棋倶楽部24でR2700


中学入学と同時に始めたこのブログですが、今はそれから早6年半が過ぎました。今は大学生になり、将棋は趣味として続けています。また気が向いたら更新する日がくるかもしれません。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。